記事一覧

【アンティーク時計傑作選】往年のクロノグラフ機を代表するオールドロンジン

クロノグラフムーヴメントの傑作として挙げられるものはいくつかあるが、そのなかでも性能はもとより優れた美観を併せもち、愛好家から高い評価を得るがロンジンのCal.13ZNである。腕時計では初となるフライバック機能を装備した13ZNは、それゆえに湾曲したパーツが複雑に絡み合った見応えのある造形となっていたが、一方で製造コストも高く、1936年の製造開始からわずか10年程度で生産が終了している。

この傑作ムーヴメントもさることながら、愛好家から同等以上に評価されるのが、文字盤デザインである。リューズの直線上に積算計とスモールセコンドをレイアウトした2カウンター、そして外周を緻密なタキテレスケールで囲んだ文字盤デザインは、この時代のロンジンクロノグラフモデルの代表的なスタイルであり、ひいては古典機を象徴するスタイルと言えよう。

【即発】ロンジン コピー マスターコレクション オートマティック L2.793.4.71.3

サイズ メンズ
ケース径 40 mm
ムーブメント
キャリバー 自動巻き
cal.L619
防水性能 30m防水
風防 サファイアクリスタル風防
仕様 日付表示
3針
付属品 メーカー純正BOXあり
国際保証書あり
ケース素材 ステンレススチール
ベゼル素材 ステンレススチール
ベルト素材 革
ベルトタイプ
ストラップ ベルトサイズ計り方
文字盤カラー グレー

ここで取り上げるのは、そのなかでもとりわけ希少とされている、ユニークなレイヤー構造を持つロンジンのクロノグラフモデルである。この個体ではアラビア数字と砲弾型のインデックスをくり抜いた文字板と、その下にゴールドのプレートを重ねるレイヤー構造という手法をもって、文字盤に奥行き感と存在感を演出している。高級機種のインデックスと言えば、植字や手書きによるものが主流であった当時、こうしたレイヤー構造の文字盤を採用したモデルは極めて少なく、希少性という点においても大きな魅力をもつ逸品だ。

【関連記事】:スーパーコピーとは

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー