記事一覧

それは第一次世界大戦を契機に腕時計が主流になったことを知れば納得がいく。

戦場では正確な時間を刻む必要があったが懐中時計では不便であったため、兵士は腕時計を着用することが一般的になり義務化されたのである。オーデマピゲ 買取帰還兵は腕時計を愛用し、女性らしさとの関連は薄れ、戦争という男尊女卑のヒーローの手首を見ることで彼らを模倣するようになった。技術的な必要性が実存的な欲望を生んだのである。ライフルを持って敵を殺す必要はないかもしれないが、この殺傷能力のない戦闘用具を身につけることはその覚悟と意志を示すことになるのだ。

そして、ここでまた私の難問に戻る。私が愛する腕時計の革新は私が道徳的、政治的に反対しているものと直接結びついているのだ。自分が完全な平和主義者だとは思っていないが、私の世代にとっては人生の大半において祖国は戦争をしていた。そして私は国民がその影響に無関心になり、戦争継続の曖昧で矛盾した理由を受け入れ、失われた命や生き残った人々の精神的・感情的負担にほとんど関心が払われないのを見てきた。

話がそれたが言いたいことがないわけではない。時計がもたらす喜びとその歴史に縛られた感情を調和させるのは難しい。民族的な暴力と密接に結びついたものに憧れるのは不安である。時計メーカーは戦時中の技術革新と結びついた遺産を今でも誇りに思っているし、多くの時計コレクターも同じようにミリタリー仕様の時計を自慢している。こうして思い出さずにはいられない。そして、そのことを少し切り離したとしても、熟練した職人技の伝統は何十年にもわたって時計のマーケティングやプロモーションで示されてきたように家父長的、超男性的価値観の表現としての時計の伝統と依然として並行していることに変わりはないのだ。1950〜60年代の男性用腕時計の広告は主婦を対象にしたものが多く、一家の大黒柱にその地位を強化するような時計を身につけさせるよう暗示するものだった。一方、私が覚えている90年代のコマーシャルや印刷広告はほとんどが非のうちどころなく着飾った男性モデルで、腕時計と女性はアクセサリーとして身につけるものだった。私はモノとしての時計を楽しむために、こうした考えから距離を置きたいのだが、このような考えこそがこのモノに意味を与えているのだ。

それでも私の愛は続いている。その理由のひとつは若いころの私には理解できなかった、男性的なかっこよさを連想させるからだ。しかし私の愛情はもっと深い。それは時計が装いに与える影響、時計が人間に与える影響、そして時間そのものがとても貴重であり、時計を身につけることでその時間を少しでも有効活用できるからだ。

オーデマピゲ 偽物ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ26420SO.OO.A600CA.01

・ケース:
 ステンレススティールケース
 反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック
 ブラックセラミックのベゼル
 プッシュピースとねじ込み式リューズ
 ステンレススティールのプッシュピースガード
・ケース幅:43 mm
・防水性:100 m
・ケースの厚さ:14.4 mm
・文字盤:
 「メガタペストリー」模様のスモークトープダイヤル
 ブラックのカウンターと外周ゾーン
 蓄光処理を施したホワイトゴールドのアプライドアワーマーカーとロイヤルオーク針
 ブラックのインナーベゼル
・ブレスレット:
 ライトブラウンのラバーストラップにステンレススティールのAPピンバックルと交換可能ストラップシステム
 ブラックラバーストラップ付属


【関連記事】:https://www.zamnoy.com/blogs/tikecopy520

コメント一覧

お客様の逸品腕時計 URL 2022年01月05日(水)21時19分 編集・削除

コミット銀座から金子がオススメ腕時計をご紹介致します!

ルイヴィトンカプチーンズ URL 2022年01月06日(木)18時29分 編集・削除

多くのトレンディなバッグが来て、有名人と同様に影響者の上で最新のバッグを持っているようになっている間、古典的なバッグはしばしば人々のレパートリーに彼らの方法を見つけます。

に私は時計に夢中になった URL 2022年01月12日(水)14時39分 編集・削除

私の知らない土地で、私の知っている人と結びついたオーラを腕時計の周りに作り出していた。

ロレックスの実勢相場 URL 2022年01月12日(水)16時31分 編集・削除

ロレックスの相場を決める要因は様々ですが、第一に為替相場があります。

ロレックスデイトナ116500LN URL 2022年01月12日(水)17時55分 編集・削除

ロレックスのデイトナには紹介の必要はないでしょう。何しろ入手困難なスティール製ロレックスの元祖ですからね。同氏が購入したわけではないが、お気に入りの一本で、所有している他のどの時計よりも身につけている。